プラセンタ分類

プラセンタ分類

プラセンタは胎盤を示しているということは把握している人も少なくないでしょうが、詳しく何が使われているのかという情報までは把握しきれていない人が大勢いるようです。
美容や医療の中で使用されるプラセンタは、いくつかの分類があります。

プラセンタをまず二つに分けると動物性と植物性が存在しています。
動物性プラセンタとしては、人間の胎盤はもちろんですが、馬、豚、羊のものもあります。
人が使うものなので人のプラセンタが最も良いのではと思うかもしれませんが、現実に人の胎盤が使用されることは滅多にありません。

実例として人の胎盤が用いられているものは認可の下りた製薬メーカーだけで作られて、医療機関でしか採用されていません。
前は牛からとられたプラセンタも作られていましたが、狂牛病の一件以来、使用が認められていません。
現状において一番に取り入れられているのは豚が原料のプラセンタです。
豚が元になっているプラセンタは人間の組織に共通点があるので、私たち人間と相性が合うと考えられています。

もう片方の植物性プラセンタに関しては、なんとなく違和感があるかもしれません。
プラセンタは胎盤のことですから、どのようなものなのか気になるでしょう。
植物性のプラセンタというと植物から取った成分で、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などが豊富に含まれています。

しかしながら、動物性のプラセンタに見られる細胞をよみがえらせる成長因子は存在しません。
このため、肌や細胞の活性化に結び付くような動物性プラセンタと同じ作用があるとは考えにくいという声もあります。