プラセンタ注射

プラセンタ注射

美容と健康に役立つことで人気のプラセンタは、医院や病院でプラセンタ注射と呼ばれて利用することができます。
プラセンタ注射はプラセンタが直に体内に入ってくるわけですから、化粧品やサプリメントなど以上に効き目がすぐにあらわれると言われています。
しかしながら、プラセンタの注入を一回受けたとしても、いつまでも効果が継続するわけではないのです。

プラセンタの効果が長く実感できるためには、週に一度くらいの注射が必要です。
プラセンタ注射を継続して行なうと、細胞自体の活性化が望めますから、一回ごとの注射からもたらされる効果が長くなります。
プラセンタ注射が必要とされる更年期障害、肝機能障害、乳汁分泌不全のような病気のケースでは保険適用になります。
この他のシミやそばかすの回復、アンチエイジングなどの美容目的の注射には保険は適用外です。

プラセンタ注射が保険適用されない場合には、それぞれの医院で自己負担の診療を受けることになるので金額には差があります。
プラセンタ注射の代金が自費の場合には、大抵2000円程度でしょう。
この他、腰痛や肩こりなどの症状を和らげるためにプラセンタ注射を受けるケースでも医療行為には該当せず、保険は適用されません。

治療であるとの認定で保険適用内とされる2種類のプラセンタ注射ですが、更年期障害であったり乳汁不全についてはメルスモン、肝機能障害のためにはラエンネックが使用されます。
プラセンタ注射は、腕やお尻などの部分に行う皮下注射、筋肉注射だけでなく、点滴を用いることもあります。

さらに、肩こりや腰痛の為には、ツボなどのポイントに直に注入します。
いずれの方法で注射するにしても医師としっかりと相談した上で、プラセンタ注射をするようにしましょう。